「iwaki ジャンピングティーポット(ブラック)KT894T-BK 実用容量640ml」のススメ。

おいしい紅茶を入れるポイントをご存知ですか。
それは、茶葉がポットの中でジャンピングすること。
ポットが球状だと、ジャンピングしやすいんだって。
あと、沸騰したあと、ボコボコし始めたお湯(95度)を入れること。

それで、iwakiのジャンピングティーポットは、こういう球状のデザインなのか。

理屈は、買った後で説明書を見て知った話。

iwakiのジャンピングティーポットを選んだのは、そのデザイン性。
見た目もそうだけど、口が広くて中が洗いやすい。
フタの裏に茶こしも、取り外し可能で洗いやすい。
取っ手もガラスだから、清潔に保てる。
それに、電子レンジも使える。

逆に不便な点。
直火がダメ。
ガラスは耐熱だけど、衝撃には弱そう。
いや、弱い。
はっきり、弱い。

案の定、コツンとぶつけて、ポットが欠けてしまいました。
それでも、また、同じモノを買いましたけど。

そうそう、コーヒーを入れるのにもいいですよ。
うちでは、

○iwaki ジャンピングティーポット
○野田琺瑯 月兎印 ホーロースリムポット
○HARIO V60ドリッパー

の三点が、紅茶・コーヒーセットになっています。
ゆったりと、お茶の時間を楽しみましょうね。