コーヒーメーカーを壊してから、ハリオV60ドリッパーを使っている。
おかげで、おいしいコーヒーを入れることができるようになった。

そのとき、大活躍するのが、野田琺瑯の月兎印「ホーロースリムポット」。
むかしながらの、レトロデザイン。
そのまんまで、今も売っている。
こういうのって、何だかほっとする。

コーヒーを入れる時間も、微妙に集中して、雑念がはらえるような。

「わたしも、欲しいと思った人」へ、ちょっとだけ注意点を。

まず、琺瑯製だから、持ち手を含めて、やたら熱くなる。
鍋つかみは、必須アイテムだ。
水を目いっぱい入れてお湯を沸かすと、沸騰後に注ぎ口から熱湯がとびだす危険がある。
お湯を少しずつ注ぐために、注ぎ口が細くなっているから、当然そうなる。
しばらく、コンロから離れないでいてくれ。
そして、お湯を最後まで注ごうとすると、角度がつきすぎて蓋がおちる。
蓋を押さえなければならないけど、蓋も「あっちっち」状態だ。
火傷にはご注意を。
以上。

少々問題はあるが、このデザインの魅力に比べると、どうってことないやと思った人は、ぜひ使ってくれ。
道具は、お気に入りを使いたいからね。