正しいお箸の持ち方をしている大人って、どれくらいいるのでしょうか。
私見ですが、かなり少ないような気がします。

わたしの場合、意識すれば正しく持てますが、ふだんは我流。
スマートじゃありませんね。

そこで、せめてこどもには、正しいお箸の持ち方を身に着けてほしいと思うんです。
ところが、うまく躾ける自信はありません。
何しろ、自分が自分だけに。

そこで、「しつけ箸」ということになります。

いろいろな種類が販売されています。
選んだのは、いちばん知名度の高い「エジソンのお箸」。
本当に効果があるのでしょうか。
最初は、半信半疑でした。

いざ、「エジソンのお箸」を使わせてみると。
はじめは、不器用に扱っていましたが、すぐに慣れて上手に使いはじめます。
箸は固定されているし、箸先は平たくなっているし、当然です。

懸念は、「ふつうのお箸」への移行。
これも、杞憂におわりました。

頃合いを見計らって、「ふつうのお箸」に変えてみても、すんなり使いこなせています。
何の躾もしなかったのに。
正直、わたしよりうまい。

個人差はあるでしょうが、「エジソンのお箸」は、おすすめできそうです。

ちなみに、大人用も買って、自分でも試してみましたが、とてもじゃないけど、窮屈でうまく持てません。
自分のお箸の持ち方の矯正は、失敗に終わりました。