もしも、鞄をひとつしか持てないとしたら、吉田カバンのポーター・ タンカー3WAYブリーフケース(PORTER / TANKER 3WAY BRIEF CASE)を選ぶと書いた。
実際には、鞄はいくつか所有していて、使い分けている。
ちょっと、そこまで外出というときに、鞄をどうするか。
できれば、手ぶらで行きたい。
「ポケット一杯の幸福」ならぬ、「ポケットに少しの幸せ」というのを味わいたい。
でも、けっこう荷物があるもんなんだな。

○鍵
○財布
○スマホ
○眼鏡ケース(ときには、眼鏡を、はずしたい。)
○ハンカチ
○ティッシュペーパー
○ウェットティッシュ
○ピルケース(病気持ちなもんで。)

それに、できれば、

○小さな水筒

これぐらいが入るサイズがいいな。
例によって、シンプルであきがこないもの。
その結果、行きついたのが、またしても吉田カバンのポーター。

吉田カバンのポーター・フリースタイル・ショルダーバック(PORTER / FREE STYLE SHOULDER BAG)。
サイズは250㎜(横)×290㎜(縦)。
水筒を外せば、ちょうどいいぐらいの大きさ。
水筒込みだと、若干きつい。
色はキャメルを選んだ。

手ぶらで外出は、かなりの割り切りが必要だから、これぐらいの鞄は、いたしかたないか。
それにしても、ブランド無視で鞄を捜しても、なぜかポーターに行きつく不思議よ。