2021年9月5日、TOKYO2020(東京オリンピック・パラリンピック)が閉幕。
わたしは、 東京オリンピック・パラリンピック の東京開催に基本的には反対でした。
東京でやる必要はないなと。
いまでも、その考えに変わりはありません。
そのわりには、某競技のチケットを確保してましたけど。

とはいえ、観てしまうと感動してしまうんですよね。
素直に。
たとえTVでも、オリパラ観れてよかったなと。

しかし、これからハッキリさせていただかなければならないことがありますよね。
TOKYO2020の財政事情です。
目的のひとつであった経済波及効果は、コロナ禍のため、大幅修正。
巨額の費用は誰が負担し、誰がどれくらい儲けたのか。
「IOC」「JOC」「日本国」「東京都」「一般人」、それぞれ詳細な会計報告が見たいものです。
スポーツビジネスやイベントビジネスの財務というのは、結構ヤバい暗闇らしいですからね。
むかしは、「ISL」なんていうヤバい会社もありましたね。
電通とアディダスが出資してましたっけ。

TOKYO2020が残したもの。
それは、感動!
それは、財政負担!
それは、ピンバッジ!?

記念にピンバッジを買ってしまいましたよ。
オフィシャルサイトで。
2種類あるのは、最初欲しかったもの(上の写真)が売り切れで、入荷があるかわからないので、別のもの(下の写真)をとりあえず買っておいたから。
結局、2種類買うことになってしまったんですが。

まあ、いいでしょう。
もう日本でオリ・パラを観れることはないでしょうから。
日本でやるって誰かが言い出したら、反対しますけどね。
反対はしますけど、TOKYO2020をライブで観たかったなあ。