すまいの清掃にかかせない洗剤。
おうちに、何種類ぐらいありますか?
食器用、台所用、風呂場用、洗面所用、トイレ用、玄関用、ガラス用、網戸用・・・。
専用の洗剤を揃えていくと、きりがないですね。
ここは、シンプルにしていきましょうか。

すまいの汚れのほとんどは、「石鹸」「クエン酸」「重曹」で落とせますよ。
それに「無水エタノール」を加えると完璧とはいいませんが、汚れの95%ぐらいはカバーできるのではないでしょうか。
95%というのは、別に根拠はなく、モノのたとえですが。
それ以上、洗剤をふやしたり、頑張ったりしても、住まい全体でみれば誤差の範囲ぐらいに思えますね。
落ちないものは、落ちないと割り切って、最小限の洗剤をつかいまわすのがいいかと。
努力もほどほどで、快適といえるぐらいには、きれいになるでしょう。

それに、 「石鹸」「クエン酸」「重曹」 「無水エタノール」は環境負荷が小さいですし、実は使い勝手もいいんです。
うちでは、「石けん」「クエン酸」「重曹」の水溶液をつくって、無印良品の「識別シールつき重曹・クエン酸・石けん用スプレーボトル300ml」に入れて常備してます。
ただ、この容器、無印良品の通販サイトをみたら、売ってなかったです。
ディスコンになってしまったのかもしれません。

では、どんな汚れには、どの洗剤を使うのか。

「石鹸」は界面活性剤ですから、水の性質と油の性質を併せもっています。
皮脂などの汚れがおちるのも、油の性質をもっているからですね。
基本的に、どんな汚れにも効果があります。
問題は、石鹸で落ちない汚れですね。

「クエン酸」は酸性ですからアルカリ性の汚れを中和して落とします。
水垢や石鹸カスなんかが代表的の汚れです。
トイレのアンモニア臭や、尿石・黄ばみにも効果があります。
殺菌効果もあるので、汚れを落としながら消臭や除菌もできるのです。

「重曹」は逆に弱アルカリ性なので、酸性のものを中和する働きがあり、油汚れや手垢のどに効果的です。

「無水エタノール」は油汚れに強いため、キッチンの清掃に威力を発揮します。
電子レンジの内部や換気扇、ガスレンジの汚れにもいいですね。
水分を含んでいないので、パソコンなどの精密機器や電化製品にしようできます。
揮発性が高く、すぐに乾くのでディスプレイなどを拭き掃除しても水滴が残りません。
おまけに、除菌効果が強力です。

いかがですか?
それぞれが、足りないところを補って、ほぼ万能の体制じゃないでしょうか。
まあ、試してみたください。